油断してません?一目でわかる浮気調査は探偵.com

浮気・不倫の兆候やしやすいタイプ、探偵の浮気調査のやり方や調査道具、探偵事務所の料金設定や選ぶ時の注意点、夫婦円満の秘訣や小技や心理学、携帯電話・スマートフォンアプリの浮気見破り術や浮気対策グッズ、法律・離婚・慰謝料の問題など、浮気調査にお役立ち頂けるよう詳しく解説しているブログです。

どこまでが浮気?証拠により大きく違う

      2014/09/23

どこまでが浮気?
下記の内容のどれが浮気であるか?

①「夫が女性とメールのやり取りをしている」

②「妻が男友達と2人きりで食事をした」

③「彼氏が別の女性とキスをした」

④「彼女が合コンで男性とハグをした」

浮気の概念は人それぞれですからパートナーが異性とメールをしただけで浮気だと思う人もいますし、合コンや食事はいいけどキスはダメでしょと思う人もいます。
しかし①~④までの内容は法律では不貞行為にはなりません

③や④は婚姻関係ではないのが理由なわけではなく、キスやハグでは不貞行為にはならないのです。
なんだか私個人としては納得しがたいですけど、法律の観点から言うと浮気とみなしてもらえないのです。

法律での浮気の基準

法律上では不倫は『不貞行為』という表現を使います。
不貞行為といっても意味は複数ありますが、不倫における不貞行為のボーダーラインって法律を知らないとなかなか難しいですよね。

この記事をスマホで読む

スポンサーリンク

不貞行為として見なされるのはパートナーが別の相手と性的関係にある場合です。
性的関係がなければキスもハグも法律上では不貞行為に該当しません。

不倫を理由に離婚を請求するのではれば、不貞行為が複数回ある証拠が必要です。
一度限りの不貞行為では離婚請求が難しいです。

法律に詳しくない方は意外に思われたのではないでしょうか?
個々の状況によっても判断が違ってくることもありますし(行列のできる法律相談所でもよく見かけますが各弁護士の先生によっても見解が違ったりしてますね)自分ではこれは絶対不倫の証拠になると思ったとしても、法律では不貞行為に当たらない場合があるのです。

浮気認めさせるには?

確実なのはやはり弁護士に相談することだと思います。
または探偵や興信所に依頼し浮気の事実を確認してもらうことです。

どのような証拠があれば法律では離婚が認められるのか熟知しているプロであれば、浮気の事実があった場合離婚するのに須要な証拠を揃えてくれます。

浮気が認められたら慰謝料も取れる

婚約者が浮気をした場合も婚約解消することができます。
ゆえに離婚・婚約破棄ともに慰謝料(損害賠償)を請求できます。
さらに浮気相手にも慰謝料は請求できるのです。

不貞による慰謝料の相場は100万円~500万円です。
裏切った相手がなんの痛みもなくこちらは泣き寝入りするようなことにねらないためには、不貞を立証する証拠はちゃんとしたものを揃えることが大事です。

裁判で不貞行為を立証できる浮気の有効な証拠がなかったという場合でも、パートナーが特定の異性と頻繁に遊んでいて精神的に追い詰められているなどといった理由でも、不貞行為の項目の中の「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。」に当たる場合もあるので、本当に辛い思いをしているのなら小さな証拠も取捨せず一応取っておいて弁護士に持って行き相談してみるのもいいですよ。

 - 慰謝料, 法律

スポンサーリンク
Share information

  • Facebook
    でシェア

  • Twitter
    でシェア

  • はてな
    でブクマ

  • Google+
    でシェア

  • LINE
    で送る