油断してません?一目でわかる浮気調査は探偵.com

浮気・不倫の兆候やしやすいタイプ、探偵の浮気調査のやり方や調査道具、探偵事務所の料金設定や選ぶ時の注意点、夫婦円満の秘訣や小技や心理学、携帯電話・スマートフォンアプリの浮気見破り術や浮気対策グッズ、法律・離婚・慰謝料の問題など、浮気調査にお役立ち頂けるよう詳しく解説しているブログです。

浮気の証拠を自分探すのはダメ?

      2014/09/23

浮気は自分で見つける?

パートナーが浮気をしていたらどうしますか?
我慢する人や見過ごしてあげる人もいますが、たいていの人ならばパートナーに抗議すると思います。

その時に必要となるものが証拠です。

カマをかけて口を割らす手立てもありますが、上手く引っかかってくれるとは限りませんし、知らばっくれられたら話し合いも平行線のままです。
しかし浮気の証拠を突きつけられれば言い逃れられないですよね!

浮気の証拠を自分で掴む方法はいくつもありますが、これが離婚や慰謝料に関わってくる証拠となると、法的に認められるものなければ浮気の証拠として用いることはできません

離婚を前提とするかしないか

別れるつもりがない方や慰謝料請求など考えていない方なら、自分で浮気調査してみるのもいいでしょう。
離婚や慰謝料請求をお考えの方は、自分で集めた証拠では裁判で「不貞行為である確実な証拠」として認められない可能性があります。

探偵でなければ難しい証拠集め

不貞行為であると判定される証拠がどれであるか、素人判断では難しいものです。
ですから調査を専門としている「探偵業」があるのです。

探偵事務所や興信所では独自の調査ルート・調査技法を持っているので、素人では難儀な調査でも簡単にやってのけたりもします。
また調査にかける時間、人材・人員、費用なども個人だけでするのと段違いですから大きな成果が得やすいのです。

弁護士事務所に浮気の相談に行くと証拠集めをするようアドバイスされます。
しかし弁護士や行政書士では証拠集めまではしてくれません。

あくまでも証拠集めはこちら側でやらなければならないことを踏まえて、自分でするのか探偵に依頼するのかを考えましょう。

 - 探偵に依頼するメリット

Share information

  • Facebook
    でシェア

  • Twitter
    でシェア

  • はてな
    でブクマ

  • Google+
    でシェア

  • LINE
    で送る