油断してません?一目でわかる浮気調査は探偵.com

浮気・不倫の兆候やしやすいタイプ、探偵の浮気調査のやり方や調査道具、探偵事務所の料金設定や選ぶ時の注意点、夫婦円満の秘訣や小技や心理学、携帯電話・スマートフォンアプリの浮気見破り術や浮気対策グッズ、法律・離婚・慰謝料の問題など、浮気調査にお役立ち頂けるよう詳しく解説しているブログです。

レシートから浮気しているかを推理する

      2014/09/18

レシートから浮気を推理する
飲食店などのレシートはよく浮気発覚の手がかりになったりします。

パートナーの財布や服のポケットや部屋に落ちていたレストランのレシート。
自分とは行っていないレストランで、しかもカップルで行くようなオシャレなお店や高級なお店であった。

浮気とは決めつけられないけれどちょっと気になりますよね。
浮気かどうかを判断するにはココをチェックしましょう!

この記事をスマホで読む

スポンサーリンク

客数を見る

まず注目すべきは客数です。

レシートには何人で来店したかを記録してあるものがあります。
「客数」「人数」表記はまちまちですが、2名や2人など2の数字がと記載されているかを確認しましょう。

注文内容を分析する

次は注文内容です。
客数が記されていない場合でも注文内容から何人で来店したかが推理できます。

レストランでしたらコース料理の注文数が2になっていたら2名で来ていることがほぼ確定です

アラカルトは2人でシェアすることもありますが、パスタや麺類やご飯もの、ステーキなどのメイン料理は2つずつ注文するのが一般的です。

2人がばらばらなものを頼んだとしても普段のパートナーの食事の量を把握していれば「パスタにリゾットにピザ?こんなに食べれるわけがない」とわかります。

とりわけ注目するところは同じ料理もしくは同じジャンルの料理(主食やメインなど)を2つずつ注文しているかです。

いつ利用しているかも重要

そして利用日時です。

レシートには利用日時が記されています。
その日その時間パートナーがどこにいたのかさりげなく聞いてみましょう。

パートナーの答弁と一致していなければ嘘をついていることはもちろんのこと、浮気の可能性が出てきます。

またレシートに記された日時はパートナーが浮気相手と会うことができる曜日や時間帯を意味していると考えることもできます。

同じように疑わしいレシートが複数見つかったなら集めておいて、どの曜日のどの時間帯に疑惑の時間を作っているか分析してみましょう。

関連記事⇒当てはまったら浮気!?今すぐ浮気チェック!

 - 自分で見つける方法は?

Share information

  • Facebook
    でシェア

  • Twitter
    でシェア

  • はてな
    でブクマ

  • Google+
    でシェア

  • LINE
    で送る