油断してません?一目でわかる浮気調査は探偵.com

浮気・不倫の兆候やしやすいタイプ、探偵の浮気調査のやり方や調査道具、探偵事務所の料金設定や選ぶ時の注意点、夫婦円満の秘訣や小技や心理学、携帯電話・スマートフォンアプリの浮気見破り術や浮気対策グッズ、法律・離婚・慰謝料の問題など、浮気調査にお役立ち頂けるよう詳しく解説しているブログです。

「夫の子供ではなかったら」不倫妻の嘘と恐怖の現実を証言

      2014/09/18

不倫の末、夫の子供ではないのを隠して育てる
「あなたの知るかもしれない世界5」の放送で不倫トラブルにまつわる衝撃の事実!

生まれた子が夫の子供ではなかったら

もしも不倫相手の子供を自分の子供ではないと知らない夫に隠して妊娠・出産する事になったらどのようなことが起こるのか。
体験者8人の取材をもとによる事実だけを集めた証言です。
(テレビではドラマ仕立てになっていました)

この記事をスマホで読む

スポンサーリンク

結婚してから不倫をした事がある女性の割合17.5%

1.不倫相手はの男は「オレの子供だっていう証拠でもあるの?」と開き直る

2.不倫相手は妊娠に対する責任感はなく女性は孤立してしまう

妊娠から1ヶ月後

3.情報が漏れるのを防ぐためにいつもとは違う病院に行くことがある。

4.妊娠した日は最後の生理日と月経周期で予測できる
(可能性は高いと言ってもホルモンバランスの影響などでずれることはある)

【 わずかでも夫の子供である可能性があるならと出産を選択 】

妊娠の事実を夫に告白する

5.妊娠中夫が素直に喜んでいる姿を見て罪悪感に襲われる

妊娠から3ヶ月後

6.不倫相手とは一切連絡が取れなくなる

7.名前を決める楽しいイベントも恐怖に感じる

8.いつもとは違う産婦人科に行ったことが夫にバレてしまう

9.子供の血液型の心配が常につきまとう

10.寝言でうっかり余計なことを言ってしまう

妊娠から6ヶ月後

11.幸せそうな家族を見ているだけでストレスを感じてしまう

12.ストレスが原因で流産の危機に見舞われることがある

13.重圧に耐えきれず一瞬だけ流産を期待してしまうことがある

14.夫への罪悪感はに日を追うごとに増してくる

妊娠から8ヶ月後

15.お腹の子供の成長を目の当たりにして「何があってもきちんと生んで育てよう」と決意する

【 夫以外の子供である可能性を抱えたまま出産! 】

出産から3日後

16.生まれた子供の髪の毛の量にさえ敏感に反応してしまう

17.生まれたばかりの赤ちゃんは血液型が正確には分からないことがある
(半年以上経てば正確な血液型がわかる)

18.子供の血液型が怖くて調べたがらない

DNA親子鑑定は民間の機関で行うことができる

DNA親子鑑定は簡易的なものなら4万円台で受けることができる(料金は会社によって異なる)

検査すると100%に近い確率で親子関係の有無が判明してしまう

DNA親子鑑定を行うには本人と不倫相手と子供の口腔内粘膜が必要になる
夫のものでも可能だが本人に怪しまれるので難しい

19.不倫相手とは音信不通

【 調べれば本当の父親が判明、ゆえに結局鑑定はしないことに 】

出産から3年後

20.子供の顔立ちが不倫相手とよく似てしまう

21.ホクロのできやすい体質が不倫相手と似てしまう

親から子供に遺伝するもの

顔立ち・髪の毛の量・身長・骨格・味覚・体臭・集中力・足の速さ など。

ホクロの遺伝

科学的には立証されていないが多少の影響があるという説が有効。

22.夫と子供の顔が子似ていないことを冗談交じりに指摘されただけで動揺する

23.「どっかから拾ってきたんじゃないの?」と言うありがちな冗談にさえ笑えなくなってしまう

24.夫と似ていないことがバレないように子供の写真撮影さえ控えてしまう

25.どうしても写真を撮らないといけない時は子供を動かしてブレるように努力する

26.夫の子であることを印象をづけるため「パパが大好きだよね」と連呼する

27.子供の血液型を調べる機会は突然やってくる
(急な病気で検査をする時など)

28.子供の血液型によっては事実発覚の危機を回避できる

夫以外の子供を出産し、それを秘密にしている女性は25人に1人(イギリス・レスター大学科学者チーム調べ)

夫を騙し子供を出産するなんてと思いましたが、想像以上に過酷な状態に追いやられるのか!
現在不倫中の方がいらしたら、こういう状況になる可能性を頭に入れて今後の身の振り方を考えてみてください。

 - 女性, 浮気する人って? ,

Share information

  • Facebook
    でシェア

  • Twitter
    でシェア

  • はてな
    でブクマ

  • Google+
    でシェア

  • LINE
    で送る