油断してません?一目でわかる浮気調査は探偵.com

浮気・不倫の兆候やしやすいタイプ、探偵の浮気調査のやり方や調査道具、探偵事務所の料金設定や選ぶ時の注意点、夫婦円満の秘訣や小技や心理学、携帯電話・スマートフォンアプリの浮気見破り術や浮気対策グッズ、法律・離婚・慰謝料の問題など、浮気調査にお役立ち頂けるよう詳しく解説しているブログです。

浮気調査の相場の料金はいくら?

      2014/09/23

浮気調査の料金相場

浮気調査で一番気になるのがやはり料金だと思います。
東京都調査業協会が行ったアンケート(2005年調べ)で料金の相場がわかります。

料金相場の参考

≪行動調査(素行や浮気の調査)料金の平均像(適正料金アンケート結果より)≫
調査員2名の場合だと、1時間当り1.5万円~2.0万円前後という調査結果が出ています。
 
<調査料金のアンケート分析の報告>
調査業に限らず、どのような業種でも熟練した専門職の人件費は、どのぐらい必要でしょうか?
特に調査という職種は、特殊な技能と集中力・責任感がないと出来るような職種ではありません。
責任感ある技能に優れた人材を確保し調査活動を行うには、それなりの費用が必要という結果になっています。
 
●時間あたりの調査料金

調査員2名の場合
2.0万円以上~2.5万円未満 36%
1.5万円以上~2.0万円未満 28%
1.0万円以上~1.5万円未満 24% (諸経費別)

●車両費(調査用車輌・バイク)に関して

1日1台あたり費用
無料 36%
1.0万円以上~1.5万円未満 24%
1.5万円以上~2.0万円未満 16%
車両費を無料と回答した業者の時間あたりの調査料金
2.0万円以上~2.5万円未満 50%
1.5万円以上~2.0万円未満 13%

(諸経費別)


調査料金が時間当たり2万円を越えていると車両費は頂かないが、1.5万円前後から2万円未満だと車両費として1日1台について1万円から1.5万円程度までの費用を頂いているケースが多いといという結果になっています。

一般社団法人 東京都調査業協会「探偵興信所の調査料金水準に関するアンケート結果」より

資料を参考にすると

「時間料金×稼働時間数×稼働日数×調査人数+経費」

が調査にかかるだいたいの費用となります。

この記事をスマホで読む

スポンサーリンク

調査期間

調査は稼働時間や稼働日数が長引けば長引くほど費用がかかります。

過去に浮気が発覚したことがあるなどで警戒心の強い対象者は行動パターンを読みづらくさせる工夫をしているたりするので、これも調査を長引かせたりします。

当初の予定までに証拠が得られなかった時は追加料金が発生します。

「対象者及び浮気相手の個人情報を提供することで調査がスムーズになりやすく費用も安く済むことがあります。

名前、生年月日、住所、電話番号、車両番号や他に浮気をしていると思われる曜日時間帯や場所に思い当たる節などあれば伝えましょう。

調査人数

飲食店などと違い探偵業は一度に多数のお客様を相手にできません。
それに加え必ず対象者が行動を起こす時が確定的ではないために1日中空けておかなければいけないことがあります。

調査員の能力面だけでなく休みも不定で拘束時間が長くなるため、高い料金で設定されているのは当然です。

4~5人で調査を行うという理由で高額な料金になることもありますが、浮気調査の場合大抵は2人1組で行うのが一般的だそうです。

調査員を多く稼働させるという名目で無駄に高い料金を取る悪徳な業者がいないとも言えません
本当に多数の人員が依頼した調査に必要であるかどうかを調査会社に詳しく説明してもらい見極めましょう。

経費

経費には交通費・車両費・燃料費・高速代・機材費・フィルム代、などがあり、諸経費は調査料金とは別に発生します。

経費は調査料金に含まれないことが多いですが中には車両費や機材費が無料のところもあるようです。

会社や調査の内容によって変わってきますが、全額でおよそ30万円~100万円くらいかかるのがこの種の調査の相場のようです。

料金が高額ではありますがちゃんとした証拠を得ることができれば、慰謝料の相場が100万円~500万円ですので、浮気をした配偶者・恋人、それから浮気相手それぞれに慰謝料請求して調査会社に支払った金額分を十分に取り返せますし、それでもまだ手元に残ると思います。

 - 調査料金っていくらするの?

Share information

  • Facebook
    でシェア

  • Twitter
    でシェア

  • はてな
    でブクマ

  • Google+
    でシェア

  • LINE
    で送る