油断してません?一目でわかる浮気調査は探偵.com

浮気・不倫の兆候やしやすいタイプ、探偵の浮気調査のやり方や調査道具、探偵事務所の料金設定や選ぶ時の注意点、夫婦円満の秘訣や小技や心理学、携帯電話・スマートフォンアプリの浮気見破り術や浮気対策グッズ、法律・離婚・慰謝料の問題など、浮気調査にお役立ち頂けるよう詳しく解説しているブログです。

スマホアプリでの浮気調査の違法性・罪・逮捕はある?

   

浮気調査アプリで違法行為

Android のアプリを取り扱う Google Play(グーグルプレイ) のや iPhone、ipad、ipod touch ユーザー向けのアプリを扱う App Store でダウンロードできるアプリは安全だからと油断していませんか?

ウイルスや不正プログラムが仕組まれているアプリも稀にありますが、それよりも心配なのが間違った使い方をしてしまって法に触れてしまうことです。

他人の位置情報や通話履歴やメールや盗撮などができてしまう遠隔監視アプリ・スパイアプリはほとんど自分の携帯電話を遠隔操作するためや携帯電話の紛失や盗難を防ぐためだったり、子供や高齢の両親やペットを見守る目的で作られているため公式マーケットでも簡単に手に入れることができます。

お手軽かつお手頃なスマートフォンアプリゆえについつい別の目的に利用してしまう人が出てくるのです。

中でも夫・妻(彼氏・彼女)の浮気調査監視・ストーキング行為は愛情が強いとパートナーの動向が気になってやってしまいたくなります。
駄目なことだと思ってやる人もいれば、全く悪気を感じていない人もいるでしょう。
軽い気持ちからやっているので本人は事の重大さに気付きにくいのです。

この記事をスマホで読む

スポンサーリンク

不正指令電磁的記録供用罪

(不正指令電磁的記録作成等)
第168条の2

1 正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
  一 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
  二 前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録

2 正当な理由がないのに、前項第1号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、同項と同様とする。

3 前項の罪の未遂は、罰する。

第168条の2の2はコンピューターウイルスなどの事件で適用されますが、移動履歴や通話履歴を取得することができるアプリの機能についてその旨を知らせずに他人のスマートフォンにインストールさせる、無断でインストールしたりして、アプリを使用し他人のプライバシーを盗み見ていたりするのもこれに該当し「不正指令電磁的記録供用罪」となる可能性もあります。

●過去に遠隔監視アプリの「Cerberus(ケルベロス)」を使って広島の男性教諭が元交際相手の女性のスマートフォンに無断でダウンロードし、パソコンから遠隔操作し音声録音・位置情報の取得・通話履歴の確認などを行ってこの罪で逮捕されています。

関連記事⇒スマホアプリCerberus(ケルベロス)でバレずに浮気ができる?

●また被害者の女性にセキュリティーソフトだと誤信させて遠隔操作が可能なソフトをダウンロードさせ、不正指令電磁的記録供用罪で逮捕されている事例もあります。

不正アクセス禁止法違反罪

遠隔アプリなどでパートナーが利用しているWebサイトやメールサービスやSNSなどのIDやパスワードを入手・盗用し、またメール等を見たりID・パスワードの所有者になりすまして利用すると「不正アクセス禁止法違反罪」に該当します。

メール等を勝手に見たりするだけでも「プライバシーの侵害」となり被害を受けた方は訴えれば損害賠償請求(慰謝料請求)できます。

※ネットワーク経由のアクセスではないスマートフォンのロックを解除するだけなら不正アクセス禁止法違反にはなりません。

ストーカー規制法違反

GPSを自動車や自転車に取りつけてストーカー規制法違反で逮捕されている事件もありますが、浮気調査自体はストーカー行為にはなりません

ストーカー行為は特定の者に対する恋愛・好意感情やそれが満たされなかった事に対する怨恨の感情を満たすための行為で主に、つきまとい・監視していると告げる・面会や交際の要求・無言電話や電話やメールを連続して行うなどです。

浮気調査のためであればそもそもの目的が違うのでおそらくストーカー行為にはなりにくいでしょう。

結局、浮気調査のためなら許されるのか?

婚姻中の夫婦は貞操義務を守らなくてはいけません。
不貞義務を守らず夫、或いは妻が不貞行為(不倫)をすればそれは違法です
貞操義務を破られた側の夫、或いは妻は不貞をはたらいた側に対して離婚や慰謝料を請求できます。

不貞行為は離婚請求理由となるため、旦那さんやお嫁さんが不貞行為をしている疑惑があり、そのために浮気調査を行う必要があるのであれば、例えプライバシーの侵害をしてとしても携帯電話のメールや通話履歴を見る・不貞の証拠写真を撮影する・浮気相手の所在地を調べるなどの浮気調査行為には正当性があるためプライバシーを侵害したという違法性が阻却されます。

婚姻関係にある者には貞操義務が生じますが、そうではない単なる恋人同士であればプライバシーの侵害を阻却するのは難しいかもしれません。

またこれが犯罪になれば浮気調査と言う目的であっても許されるかどうか別です。

同じようにメールを見る行為であっても監視アプリの無断インストールやIDやパスワードの盗用で不正アクセスを行い「不正指令電磁的記録供用罪」「不正アクセス禁止法違反罪」が適用されてしまうと浮気調査をするためであっても違法性の阻却はできない可能性があります

●夫の浮気を疑い夫や夫の知人女性の電子メールに不正にアクセスしメールを見たりなりすましてメールのやりとりをしたことで不正アクセス禁止法違反罪に問われた事例もあります。

探偵が行う浮気調査は探偵業法に基づき調査を行うので違法性はありません
もちろん探偵業法で認められていない違法行為を行った場合は罪に問われます。

どの程度の事は許されてどの程度まで及ぶと違法性があるのかは行為の度合いや当人の事情によって違いますので浮気調査関連の法に詳しい探偵・弁護士などの専門家に意見を仰ぐのが適切です。
法に触れる懸念が少しでもあれば個人の考えで行動しない事です。

 - スマートフォンアプリ ,

スポンサーリンク
Share information

  • Facebook
    でシェア

  • Twitter
    でシェア

  • はてな
    でブクマ

  • Google+
    でシェア

  • LINE
    で送る