油断してません?一目でわかる浮気調査は探偵.com

浮気・不倫の兆候やしやすいタイプ、探偵の浮気調査のやり方や調査道具、探偵事務所の料金設定や選ぶ時の注意点、夫婦円満の秘訣や小技や心理学、携帯電話・スマートフォンアプリの浮気見破り術や浮気対策グッズ、法律・離婚・慰謝料の問題など、浮気調査にお役立ち頂けるよう詳しく解説しているブログです。

もしも悪徳業者の被害にあった時の対策

      2014/09/21

悪徳業者の被害に遭ったら
浮気調査・不倫調査などの調査を探偵業者に依頼をすると中にはこのようなトラブルが起こる場合もあります。

1. 契約してお金を払ったのに調査をしてくれない。
2. いつまで経っても調査が終わらない。
3. 頼んでもいない調査の料金を請求された。
4. 説明を受けていなかったのに勝手に追加請求された。
5. 業者にプライバシーに関わる秘密を洩らされた。
6. 写真が鮮明でない・報告書のクオリティーが低く、証拠として不十分なものだった。
7. 報告書がでたらめだった。
8. 高額なキャンセル料を請求された。
9. 業者から脅迫された。

この記事をスマホで読む

スポンサーリンク

悪徳業者から身を守るには?

トラブルから身を守るためにも、悪徳業者とは絶対に契約しないことが重要です。

しかし信頼できる業者だと思って依頼したのに蓋を開けてみると悪徳だったなんてケースもあり得ます。
実際に悪徳業者の被害にあった時はいち早く、消費者センター、弁護士、専門機関に相談されることをお勧めします。

探偵や興信所や調査に関わる相談ならば、日本調査業協会に相談するのがいいと思います。

社団法人日本調査業協会
政府が認可した警察庁が監督の全国組織として公認された公益本陣で、消費者の安全と権利利益の保護や探偵業界の健全化を目指し、苦情処理や業務改善の指導などの活動を行っている組織です。

日本調査業協会の下部組織が各県にもありますので、日本調査業協会もしくは各県の調査業協会に相談できます。

社団法人 日本調査業協会

一般社団法人 東京調査業協会

神奈川県調査業協会

千葉県調査業協会

その他各県の調査業協会は日本調査業協会ホームページの加盟員照会のページから調べることができます。
電話でもメールでも相談可能です。

 - 浮気調査の注意事項

Share information

  • Facebook
    でシェア

  • Twitter
    でシェア

  • はてな
    でブクマ

  • Google+
    でシェア

  • LINE
    で送る